Tokyo Sweets Club 東京スイーツ倶楽部
東京スイーツ倶楽部の関西支部

東京スイーツ倶楽部・関西支部レポート 3月に大阪・梅田 のドルチェ・ポンテベッキオを貸し切って賑々しく例会を開催させて戴きました。 この度は、伊庭立子さんのご紹介により、ドルチェ・ポンテベッキオの浅井シェフを囲んでの会となりました。 当日は、皿盛りデザート4皿を中心に シェフ自らの実演あり、トークありの素晴らしい会を開催する事が出来ました。 ここに改めて、浅井シェフ及びお店のスタッフの皆様に感謝致します。

 

 

東京スイーツ倶楽部・関西支部

代表世話人

中村真也


 




【フルーツトマトのクリアなスープと ちっちゃい“カプレーゼ サンドイッチ】


【フルーツトマトのクリアなスープと ちっちゃい“カプレーゼ サンドイッチ】

フォカッチャは説明のいらない間違いない美味しさ。トマトの透明なスープには仕掛けがしてあり、過冷却冷蔵庫で?7度の液体にして、冷凍スプーンでかき混ぜるとその液体がゼリー状になるスープでした。
サーブされる時間の関係でトマトのスープは残念ながらゼリー状にはならないテーブルもありましたが、温度の管理が大変難しく繊細なものなのだなと改めて感じました。でもトマトのクリアなスープはトマトのエキスのみ搾り出しただけあって、濃い味わいでした。



【いろいろな柑橘のサラダ ラベンダー&ハチミツのアクセント】

【いろいろな柑橘のサラダ ラベンダー&ハチミツのアクセント】

ラベンダーの香りを移したハチミツをエスプーマに入れて、この泡に液体窒素を入れると泡が固まってフレーク状になるトッピングがなされており、ラベンダーの香りが食べると鼻からすっと抜けてきてとても芳醇な味わいでした。日向夏(宮崎)瀬戸香(愛媛)シチリアからの初物のブラッドオレンジなど選びぬかれた柑橘類の酸味のつんとこないまろやかな美味しさがダイレクトに伝わるシンプルなデザートでした。生姜のアクセントが絶妙でした。




【焼きたてのビターチョコレートスフレオレンジのソースとマスカルポーネのムース添え】

【焼きたてのビターチョコレートスフレオレンジのソースとマスカルポーネのムース添え】

ご存知定番メニューのチョコレートスフレは上質のチョコレートの味わいで、申し分ない美味しさ。間にはシチリアのブロンテ産ピスタチオのガナッシュが挟まれており、チョコレートと相性のいい瀬戸香を皮ごと使ったオレンジのソースの酸味がチョコレートの深い味わいを引き立てます。マスカルポーネムースもこちらの定番ですが、チョコレートとの相性は抜群です。




【NEO イチゴの落とし穴2013】
【NEO イチゴの落とし穴2013】

ホワイトチョコの蓋の下には女峰イチゴのパルフェやイチゴがあり、上から温かいソースをかけるとチョコが溶けてイチゴが現れる仕掛けのデセールです。
懐かしい気持ちになるのは、練乳っぽいソースのせいでしょうか。イチゴとホワイトチョコレートと練乳っぽいソースは、まさに昔食べたイチゴミルクの味わいでほっとできる美味しさでした。甘いソースやホワイトチョコの甘さを女峰いちごの酸味がきゅっと引き締めて絶妙なバランスでした。

【丸ごと林檎コンポートのロースト
ピュアなソルベットとマスカルポーネのムース添え
】 【丸ごと林檎コンポートのロースト ピュアなソルベットとマスカルポーネのムース添え 】

りんごをメープルシロップ、白ワイン、ハチミツ、バニラビーンズで軽く煮て、いったん 真空パックで味をしみこませたものに火をいれてコンポートにしたという手間暇かけた濃厚な味わいでした。蓋を開けた中には暖かいソースを入れて、切った時に流れ出る仕掛けになっており、りんごは甘すぎず自然な甘さのりんご本来の味も楽しめるコンポートでした。下に置いたアーモンドクリームのタルトレットとの相性もぴったりの美味しい一皿に仕上がっていました。

【焼き菓子盛り合わせ】 【焼き菓子盛り合わせ】

焼き菓子はポンテベッキオの人気商品ばかり。Dサンドの美味しさは言わずと知れた一品。マカロンの(抹茶とレンズ豆、飴とクリーム)丁寧な作りには感心しました。使われているナッツ類のペーストやフルーツのペーストや果汁、どれもそれぞれのフレーバーの特徴がよく出ているマカロンでした。トルタ(抹茶とピスタチオ)もバターケーキなのにすごく軽くよい材料を使われていることがよくわかりました。



 

 

<文責 伊庭立子 河畑律子>

2013年04月09日