Tokyo Sweets Club 東京スイーツ倶楽部
11月例会を終えて・・・
鶴屋吉信の栗まろ 鶴屋吉信の栗まろ

半分に切ると、わ?っと歓声があがるほど、大きな栗がゴロンと 入っていて、まるで栗があんこと饅頭の皮の薄衣を纏っているかの様。
上品な甘さのこしあんと、山芋を使って丁寧に作られた饅頭の皮の 存在感が上手に栗を引き立て、食べ応えを感じさせてくれます。

すやの栗きんとん すやの栗きんとん

見た目は、かわいらしい茶巾姿で、ちょっと地味な感じなのですが、 口に入れたとたん、濃厚で凝縮された栗の味が口の中いっぱいに広がります。
きんとん部分は、スプーンで栗をほじって食べた時のなめらかな感触で、 絶妙に残っている栗の粒々感が、栗そのものを食べている感じがして、 栗そのものを食べるより”栗”のあらゆる味や食感、香りを感じさせて もらえます。

一幸庵の栗蒸し羊羹 一幸庵の栗蒸し羊羹

栗蒸し羊羹に蒸しケーキがくっついている姿は、ちょっとビックリ。
さらしあんの風味があり、蒸し特有のもっちりとした食感の羊羹は、 ちりばめられた栗と同じ固さで、その一体感はとっても上品です。
また、香ばしい香りとコクのある蒸しケーキの部分との相性が、 これまた驚くほど絶妙です。今年度の製造最終版をありがとうございました。

小布施堂の栗鹿の子 小布施堂の栗鹿の子

大粒の栗が半透明の栗あんの中にゴロゴロと入っており、ついお正月の 栗きんとんを思い出してしまいました。
上品な栗の甘露煮とあっさりとした甘さのあんが後を引きます。
ぜひ、おいしい緑茶とともに楽しみたい一品です。

ボークレーク ボークレーク

サクサクタルトにたっぷりのマロンクリーム。渋皮の栗には金箔がのり、 とってもシックでエレガントなモンブラン。
マロンクリームには、ラム酒がかなり効かせてあり、大人の味です。
中にも渋皮の栗が丸々入っており、食べ応えがあるのに、とてもあっさり していて軽い甘さなので、男性のファンも多いのではないでしょうか。

フラウラのモンブラン フラウラのモンブラン

何とも愛嬌を感じずにはいられない、不思議な形のモンブランです。
サクサクとした土台の上には、チーズのような?ミルキーでしっかりした マロンクリームがたっぷりとのり、それを覆うようにふわふわサクサクの メレンゲと、あっさりとしたマロンクリームが乗ってます。
これらを一緒に口に入れると、様々な食感がまるでカーニバルのようで、 とても楽しい気分になります。

アテスウエイのモンブラン アテスウエイのモンブラン

そびえ立つラグビーボールのような形のモンブラン。
外側を覆っているマロンクリームには、ほんのりお酒がきいて薫り高く、 中には栗の味と香りが凝縮したマロンクリームの上に軽い生クリームが 贅沢に詰まっています。
それぞれのクリームをどんな割合で口に入れても、不思議と上品にまとまり、 ついつい後を引いてしまい、あっという間に完食です。



今回は、栗というテーマで、洋菓子だけでなく初めて和菓子も登場し、 「栗」という素材で、こんなにもいろいろなスイーツが楽しめるのかと、 いつもとはまた別の意味でお得&贅沢な気分を味わうことができました。  いつもの例会とは、またちょっと違ったアットホームな雰囲気も、 ゆったりとしていてよいですね。

土屋房代

2009年12月14日