Tokyo Sweets Club 東京スイーツ倶楽部
シュークリーム特集

今回はデパートで売られているシュークリーム特集でした。

2月23日土曜日発売の日経新聞朝刊にも東京スイーツ倶楽部主宰
の中村が論評者として参加しています。

ペック

オーツー(O2)


タントマリー

濃厚なチーズケーキで有名なタントマリーだけに、期待通り濃厚な
クリーム、香ばしい生地が理想通り上品で力強い味でした。

サダハルアオキ

フランス菓子らしい濃厚でずっしりした味が特徴的でした。
手に持っても明らかに重さが異なり、ナイフとフォークで切り分けて食べてしまいたくなるような風格を持ったシュークリームです。
値段が少し高いのが難点ですが、絶対に満足できる一品でした。

アンリシャルパンティエ

アーモンドがとても良いアクセントになっているシュークリームです。
ベースとなるシュークリームは、ある意味一番ベーシックで
食べ慣れたシュークリームを真面目に、上質に作った感じでした。
アーモンドが苦手でない限り、万人にお勧めできる安定感がありました。

シーキューブ

上記アンリシャルパンティエの姉妹店。クラシカルなアンリシャルパンティエ
に対して旬なフルーツを使ったスイーツなど華やかな印象
があるこの店のシュークリームは、アンリシャルパンティエ
が男性的だとしたら、こちらは女性的で全体的に優しい味でした。

シェシーマ

シュー生地にかかっているクッキーが特徴的なシュークリームです。
甘さたっぷりでシューの食感も面白くユニークです。
それでいて変にクセもないので様々な人に支持されるスイーツだなあ
と思いました。

キース

チョコレートがかかっており、見た目も他のシュークリームとは
雰囲気が異なりました。
がっつりした甘さ、とでもいうべきかなり甘く、ブラックコーヒー
のパートナーとして抜群の相性がありそうだなあと思いました。

ジャン・ミエ


資生堂パーラー

クリームが豪華に主張していて、資生堂パーラーらしい風格を持った
スイーツでした。味はかなり甘く、アオキサダハルと同様
一つ食べただけで十分満足できるくらいです。


ブールミッシュ

ユーハイム


キハチ


クローバー

マキシムドパリ

評価が二分されたシュークリームです。
いままで甘いシュークリームを食べ続けていたのに、
これだけはしょっぱさを感じました。甘さと塩味がとてもよい
コントラストでした。
ワインと一緒に食べたら絶品だなと感じました。

ケーニヒクローネ

お手頃価格ながら、シュー生地にクッキーがアクセントにあったりと
作り手のこだわりを感じさせるシュークリームです。

2008年02月22日