Tokyo Sweets Club 東京スイーツ倶楽部
東京スイーツ倶楽部 50回記念例会

和泉光一シェフを囲んで

いつもは、スイーツを作りながら話しているので、白衣を着て話すだけ
というのは緊張しますと言いながら、主宰中村との対談が始まった。


■経歴
1970年愛媛県出身。
実家は祖父の代から和菓子職人で、現在は両親が卸専門で営業してる。
両親は他のお店のお菓子を食べることを嫌がり、また食べると怒られてい
たので、
洋菓子は隠れて食べていた。
家庭環境から、料理の世界に進みたいという気持ちは元々あったが、それ
まで
結構やんちゃしていたので、両親を安心させるためにも菓子専門学校に進
んだ。

■日本菓子専門学校(二子玉川)
専門学校の1年次は怠けていた。また和菓子の裏側は知っていたゆえ、
洋菓子に憧れを抱いていたのかもしれない。
そんなことから、洋菓子の道へ進むことになる。

■成城アルプス(成城学園前)
厳しいことで評判のお店で修行したほうが良いという校長の考えで、半ば
強引に
入れられた。
6年で一通り学べるということだったが、結局7年間在籍した。
このお店は、午前2時半からスタートの厳しいお店だったが、焼き物の全
ての
基礎はこのお店で学ぶことができた。

■花とお菓子の工房・フランシーズ(堺)
スーシェフとして、ヘッドハントされる。
実はフランス行きがあったが、成城アルプス時代にお世話になったチーフ
のお誘い

受けることとなった。
そのお店は200円?300円の庶民的な価格のスイーツだったこともあ
り、
600人/日の来客があった。

■サロン・ド・テ・スリジェ(調布)
http://www.cerisier-jp.com/
すでに創業30年の老舗のお店で、成城アルプスの社長経由で紹介しても
らった。
このお店は地下にレストランがある。

2007年06月07日